社員の挑戦を知る

社会をもっと良くしたい。
だからリクルートキャリアにいる。

メディア事業 新卒領域営業 マネジャー 内山紗貴

正解がないことが、難しさであり面白さ

就職活動を通じて、社会にあるものはすべて“誰かの仕事”でできていると気づいたこと、そして勉強も課外活動も“やると決めたことはやり遂げる”のが自分の強みだとわかったことから、自分も社会に主体的に参加して、仕事で力を発揮していきたいと考えるようになりました。私自身がそれまでの人生で悩んできたことがあったからこそ、大学時代に学んだ心理学を生かして「同じように悩んでいる人がイキイキと生きるための支援がしたい」、そんな想いからリクルートを就職先に選びました。「個人が会社の中で価値発揮できる場を選ぶお手伝い」を通して、「自分らしく生きる人」を増やしたいという想いをもって入社しました。私が長く携わってきたのは、大手企業の人材・採用戦略全般に関わるソリューションを提案する新卒メディア営業の仕事。大手企業、中でも学生に人気のある企業には、『SPI』(適性検査)や『リクナビ』といったリクルートの既存商品をただ提案するだけの営業は必要とされません。実際、過去には大きな取引をいただいていたものの、ここ数年は取引をいただけていないお客様も。リクルートは「新しいことを生み出す企業であったはずなのに」といったご意見も時にはいただきながら、お客様と会話を重ねていく中で、改めて人材は「正解がないもの」ということに気づかされました。だからこそお客様は、今までにない新しいアイデアの提案や、最適解を一緒に考えてくれるパートナーを必要としているのだと気付きました。

内山紗貴

すべては「自分らしく生きる人」を増やすために

現状にある程度満足をしていても「もっと良くしたい」を求める気持ちは、誰にも必ずあります。「よりよい状態を目指してやれることは何か?」「課題がどこにあり、何をすれば解決することができるのか?」既存の枠組にとらわれず、たとえ社内から反対されるようなことでも、それが「目の前のお客様にとって本当に役立つ」ことなら、実現に向けて邁進すればいい。たとえば某大手企業グループにご提案したのは、「事業進化を目指し、グループ全体の採用の質を向上させる」プロジェクトです。これまでのように本社の冠で学生を集め、各グループに割り振るという考えでは、各社の中長期的な事業成長に適した採用を実現することは難しいと感じていました。グループ各社が自立し、各社の中長期戦略を元に採用戦略をつくり、実現していく大規模プロジェクトを提案。グループ各社の経営層から現場社員の方々を巻き込み、どのように戦略をつくって実行するか、どのように自社の魅力を伝えるか、といった採用活動全体について提案を行いました。本社だけでなく全国に散らばるグループ数十社を巻き込む大規模プロジェクトに発展し、採用ホームページ、パンフレットなどの採用ツール作成、学生に伝える場の設計、社員向けの研修実施など、クライアントの課題に併せて幅広い施策を共につくっていきました。プロジェクトを成功させるためには、全国の社内関係者の総力を結集することが必要でした。もちろん大変でしたが、やりきれたのは、「自分らしく生きる人」を増やすことに、すべてがつながっていると信じているからです。

内山紗貴

「リクルートを超えないと、社会は変わらないよ」

私がリクルートキャリアにいる理由。それは、「社会や市場を大きく変えたいなら、ここでしか実現できない」と思うからです。あるお客様から言われた言葉がとても印象に残っています。ベンチャーの立ち上げや、転職をしたとしても、「リクルートを超えなければ、社会は変わらないよ」と。全国各地に、社会を変える気概のある優秀な仲間がいること。何かやりたいことがあれば社内外の協力を仰いで、社会にインパクトを残す仕事ができること。市場からも新しい価値を期待されていること。こんなに早く、大きく、好きなことができる会社は他にはありません。現在は、大手顧客を担当する総合企画部の営業マネジャーを担っています。影響を与えられる範囲が格段に広がったので、同時多発的に「人材マーケット全体を一歩前に進めたい」と思っています。社会環境が変わり、テクノロジーが発達していくなか、企業の採用活動も、学生の就職活動も、変化していくことは必然の流れです。現在も、日本を代表するクライアントと共に、AIやビックデータなどの最新テクノロジーを活用して既存の採用のあり方を変えるというチャレンジも次々に進めています。「正解がないことに向き合い、新しい価値を生み出したい人」そして「カタチにしきる責任感がある人」にとっては、リクルートキャリアは面白い環境だと思います。自分次第で、大きく社会を変えていくチャンスがここにはあります。

TAGS